ハリオアマツバメ

アマツバメより大きく、太く、尾が短い。
全長:21cm 翼開帳:50cm
本州以北の山地(北海道では低地にも)に飛来し、大木の裂け目や樹洞で繁殖する。
尾羽の軸が針のように突き出しているのが名前の由来だが、近距離でないと見えない。
春・秋は本州以南の低地上空も通過する。
声はアマツバメより濁った感じがする。

ハリオアマツバメ ハリオアマツバメ ハリオアマツバメ ハリオアマツバメ ハリオアマツバメ