「海洋プラスチックごみ問題」被害状況調査を実施中

サシバ

Butastur indicus

(写真:石田光史)

解説

タカ目タカ科

ハシボソガラス大で、オオタカより翼が細長い。
全長:47~51cm 翼開長:100~110cm
九州から本州の林で繁殖。
南西諸島では冬を越すものが多い。
農地などで急降下して、地上のカエルやヘビを捕る。
秋には、各地で上空を通過する渡りの群れが見られる。
「ピックイー」とよく鳴く。

鳴き声

録音:簗川 堅治/2013年6月20日/山形県新庄市

この種も見てみる