「海洋プラスチックごみ問題」被害状況調査を実施中

ハチクマ

Pernis ptilorhynchus


(写真:掛下尚一郎)

(写真:掛下尚一郎)

解説

タカ目タカ科

カラスより大きく、飛翔時には太くふくらみのある翼と円尾が特徴。
全長:57~61cm 翼開長:120~130cm
四国以北の低山の林で繁殖。
飛翔中はトビよりも翼が太く見え、他のタカより首が細長く突き出した感じ。
模様はさまざまなものがいる。
停空飛翔をする。
地上に降りてジバチ類(地中に巣をつくるハチの仲間)の巣を掘り出して食べるほか、ヘビなども食べる。
「ピーエー」と鳴くことがある。

この種も見てみる