ウミウ

カワウに似ているが、岩のある外海に多い。
全長:84cm
北日本や九州北部の島の岩場で繁殖、冬は全国の海上や海岸の岩場で見られる。
背には緑色の光沢があり、くちばしの付け根の黄色い部分が、目の後方にとがっている(×カワウ)。
鵜飼漁に使われる。

●体は黒く大型、首も尾も長い。
●体を沈めて泳ぐので、首しか見えないような感じ。
●鋭いくちばしで、潜って魚を食べる。
●群れで長距離を飛ぶ時には、列をつくる。
●水際で休んでいることも多く、その際、翼を広げることがある。

ウミウ ウミウ ウミウ ウミウ ウミウ ウミウ ウミウとカワウ ウミウ ウミウ ウミウ
>> すべての写真を見る

会員証の写真を募集しています