「海洋プラスチックごみ問題」被害状況調査を実施中

身近な鳥

シジュウカラ

白いほお、胸から腹に黒いネクタイ模様(雄は雌に比べて太い)。 全長:14cm 市街地から山地まで。 「チッチー」などの細い声はシジュウカラ科に共通しているが、「ジュクジュク」と濁った本種の声は独特。 巣材にコケや獣毛を用いる。 さえずりは、細い声で「ツーピー」や「ツツピー」を繰り返す。 幼鳥は「シーシーシー」といった声。 ヒナの巣立ちには3週間ほどかかる(スズメのヒナは2週間ほど)。

カワラヒワ

肌色で太めのくちばし、翼と尾に黄色の帯がある。M尾。 全長:14cm 九州以北。 林、草地、農耕地、河原に普通。 市街地では、空き地でタンポポなどの種子を食べる。 樹上に細い草を使った小さなおわん形の巣をつくる。 黄色い帯が飛ぶとよく目立つ。 高い声で「キリリリ」と鳴く。 さえずり:「キリリコロロ、チョンチョンジューィ。ジューィ」を繰り返すこともある。

ホオジロ

腹が茶色、「チチッ」または「チチチッ」と短く続けて鳴く。 全長:16cm 屋久島以北。 林の周辺、農耕地、河川敷などのやや開けた環境にすむ(北海道では主に夏鳥で少ない)。 草地でよく採食する。 スズメより長めの尾で、顔に黒白の模様(雌は黒い部分が褐色)。 さえずり:木のこずえなどの目立つところで、細い声で早口に「チョッピーチリーチョチーツク」など。