コハクチョウ

オオハクチョウより南西で冬を越す傾向がある。
全長:120cm
本州以南の広い湖沼や河川、海岸などに飛来。
北海道では旅鳥で、ウトナイ湖北部を通過するものが多い。
オオハクチョウによく似ているが、やや小型で、首が太め、くちばし基部の黄色が小さい。
幼鳥の飛来当初は灰色で、親のような通る声では鳴けないが、春までに次第に白さを増し、親に近い声になっていく(=オオハクチョウ)。
オオハクチョウより低く、短めにコホッと鳴くことが多い。
亜種アメリカコハクチョウが飛来することもある。

コハクチョウ コハクチョウ コハクチョウ コハクチョウ コハクチョウ アカツクシガモ コハクチョウ コハクチョウ コハクチョウ コハクチョウ
>> すべての写真を見る

会員証の写真を募集しています