チュウサギ

水田に多く、コサギとダイサギの中間の大きさ。
全長:68cm
九州から本州に飛来するが、暖地では越冬するものもいる。
夏羽はコサギに似ているが大きく、くちばしが短めで、背の飾り羽はまっすぐ長い(コサギでは短く、上に反る)。
冬羽はダイサギに似ているが小さく、くちばしが短い。
コワーと鳴く。

●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

チュウサギ コサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ チュウサギ
>> すべての写真を見る