トビ

カラスより大きく、濃い褐色、長めの角尾。
全長:59~69cm 翼開長157~162cm
九州以北の水辺から山地まで、もっとも普通に見られるタカ科の鳥。
生きた動物を襲うことは少なく、魚や死んだ動物などを食べ、ゴミ捨て場にも集まる。
群れをつくる、角尾(中央がへこんでみえるものもいる)、ゆっくりはばたく、色が濃い、ほかの鳥があまり恐れないことなどが、ほかのタカとの識別に役立つ。
ピーヒョロロと鳴く。

トビ トビ トビ トビ トビ トビ トビ トビ トビ トビ
>> すべての写真を見る

鳴き声(さえずり、地鳴き、声紋など)

録音:竹森 彰
2011年2月27日
茨城県大洗町


CD 鳴き声ガイド 日本の野鳥

会員証の写真を募集しています