Bキッズ トップへ戻る

鳥のからだ・くらしについて

鳥は何年くらい生きるのでしょうか?

鳥の寿命(じゅみょう)は種類によってちがいますが、野生の鳥では、調べるのは大変なのでくわしくわかっていません。多くの小鳥は、春に生まれた子どものほとんどが次の年の春まで生きのびることができずに死んでしまうため、平均寿命(へいきんじゅみょう)は短く、スズメで1年3か月、シジュウカラは1年8か月、ツバメで1年1か月ほどです。ただ、数は少なくても、1年間生きのびたものは、経験や学習をつんで、数年から10年以上生きることも知られています。長生きの例では、カモメの仲間で30年、野生ではありませんが、動物園ではツルの仲間で50年以上という記録があります。

Bキッズ トップへ戻る
会員証の写真を募集しています