Bキッズ トップへ戻る

野鳥のみつけかた・観察のしかた

ムクドリ

どうしたら野鳥の名前がわかりますか?

野鳥の名前を知るには、からだの大きさや、色、形などの特徴(とくちょう)をしっかりと観察して、図鑑で調べてみるのがよいでしょう。
観察するコツは、スズメやムクドリ、ハト、カラス(※)などをよく見て、特徴と大きさの基準(きじゅん)としておぼえておくことです。そうすると、「カラスより小さい」「スズメより尾が長い」など、知っている野鳥を基準にしながら、種類をしぼって調べることができます。
※スズメ、ムクドリ、ハト、カラスは「ものさし鳥」といい、大きさの基準になる鳥です。

<日本野鳥の会の図鑑>

  • 「おさんぽ鳥図鑑」
    「おさんぽ鳥図鑑」は、身近で見られる野鳥24種類をからだの大きさごとに分けてのってるよ。
    「おさんぽ鳥図鑑」をもらって、見つけた鳥のなまえを調べてみよう。
    申し込みはこちら
    おさんぽ鳥図鑑
  • もう少し知りたくなったら、日本野鳥の会の図鑑「新・山野の鳥(しんさんやのとり)」がおススメ!
    <ハンディ図鑑>新・山野の鳥
Bキッズ トップへ戻る
会員証の写真を募集しています